ノー!ハプサ(合祀)

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月8日(火)第6回口頭弁論のご案内

<<   作成日時 : 2015/11/03 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノー!ハプサ(NO!合祀)第2次訴訟第6回口頭弁論のご案内


2015年12月8日(火)午後1時30分〜

(傍聴券配布のため、30分前集合)


東京地裁103号法廷(東京メトロ霞が関駅下車、A1出口すぐ。)


原告・李美代子(イ・ミデジャ)さん来日、意見陳述予定

韓国人靖国合祀の取り消しを求めるノー!ハプサ第2次訴訟も、
次回の裁判で原告側主張は大詰めを迎えます。
この間、原告側は抵抗運動を徹底的に弾圧し、軍事力を背景に
韓国の主権を奪った日本の軍人等を「英霊」として祀ってきた靖国神社に
原告らの肉親が合祀され続けることの意味を問い続けてきました。
そして戦後70年の12月8日に次回第6回口頭弁論が行われます。

12・8不戦の日は一日行動です!
11時 朝鮮高校無償化裁判 東京地裁103号法廷(10時15分集合)
13時30分 ノー!ハプサ訴訟(30分前集合。終了後、総括集会予定)
18時30分 12・8集会「戦後70年の12・8 終わっていない戦争」

画像


ノー!ハプサ(NO!合祀)不戦の日のつどい

「戦後70年の12・8 終わっていない戦争」


2015年12月8日(火)午後6時半開始(6時開場)


中央区立京橋区民館1号洋室(中央区京橋2−6−7)


http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html

参加費 800円(資料代込)


【講演】 「遺骨問題から日本の戦後を考える」(仮題)
    

講師:栗原俊雄さん(毎日新聞記者)


(講師プロフィール)
「遺骨 戦没者310万人の戦後史」(岩波新書)著者。1967年生まれ。
東京都出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、
同大学大学院政治学研究科修士課程修了(日本政治史)、
1996年毎日新聞社入社、横浜支局などを経て、
現在、東京本社学芸部記者。


【証言】「韓国人遺族の戦後」(原告)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月8日(火)第6回口頭弁論のご案内 ノー!ハプサ(合祀)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる