ノー!ハプサ(合祀)

アクセスカウンタ

zoom RSS 次回(第13回口頭弁論)は11月28日(火)です

<<   作成日時 : 2017/09/07 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノー!ハプサ第2次訴訟 第13回口頭弁論

2017年11月28日(火) 午前10時半開廷(1時間程度)

東京地方裁判所103号大法廷(地下鉄霞が関駅下車A1出口)

☆原告・李仁馥(イ・インボク)さんの意見陳述を予定しています☆

※裁判終了後、弁護士会館(予定)で簡単な総括集会を行います。

画像


お父さんやお兄さんを靖国神社に無断合祀された韓国の遺族27名が原告となり
合祀取り消しを求めるノー!ハプサ(NO!合祀)第2次訴訟も第13回目の口頭弁論を
迎えます。
前回の裁判で、「民族的人格権は生成過程の人格権であり、事実の認定が極めて重要」
と原告代理人は裁判所に迫りました。
原告らの被害は単なる「歴史認識」の問題ではなく、植民地支配下で命を奪われ、
朝鮮侵略の直接的加害者を合祀してきた「侵略神社」である靖国神社に合祀されている
という事実に基づく人格権侵害です。
しかし、原告らが裁判で明らかにした事実に、いまだ被告らは正面から答えていません。
被告日本国・靖国神社、そして裁判所を事実に向き合わせていかなくはなりません。
今回参加される原告の李仁馥(イ・インボク)さんのお父さん、李敏求(日本名・牧山敏求)さんは
陸軍軍属としてニューギニアに動員され、戦闘中に死亡したとされます。
幼くして父を奪われ、靖国神社に天皇のために死んだ「英霊」として繋ぎ止められている
遺族の苦しみを裁判所に認めさせるため、ぜひ傍聴支援をお願いします。


第14回口頭弁論期日も決まりました!

2018年3月20日(火)午後2時開廷 

東京地方裁判所103号大法廷




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次回(第13回口頭弁論)は11月28日(火)です ノー!ハプサ(合祀)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる