10・2第19回口頭弁論への傍聴を!

ノー!ハプサ(NO!合祀)第2次訴訟
10・2第19回口頭弁論傍聴支援の呼びかけ

日頃より、ノー!ハプサのご支援ありがとうございます。

裁判も終盤となり、原告側は原告6名と日韓の学者証人・

李熙子さんを申請しました。

裁判所は学者証人を保留とした上で、9月12日と18日にまず、

6名の原告本人尋問を行いました。

ところが、18日の尋問終了後、突然、裁判所は、学者証人等は

採用しないと宣告。

弁護団が総力を挙げて尋問の必要性を訴え、再度保留とした上で

証人尋問のために指定していた10月2日の期日を口頭弁論として

開くことになりました。

なぜ、植民地支配下に強制動員され命を落とした韓国人が靖国神社に

合祀されなければならないのか、

それが韓国人遺族の人格権をいかに侵害したのか、

それを明らかにする義務が裁判所にはあります。

証人採用を勝ち取りましょう!


ノー!ハプサ第2次訴訟 第19回口頭弁論

10月2日(火) 午前10時~ 東京地裁103号法廷

※地下鉄霞が関駅下車A1出口。日比谷図書館で総括集会。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック