「遺骨を焼くな」厚労省・外務省意見交換会を開催

「遺骨の選別に科学者を入れよ」「遺骨を焼くな」
厚労省・外務省意見交換会を開催

(在韓軍人軍属裁判の要求実現を支援する会・戦没者遺骨を家族の元へ連絡会 古川)

昨年、厚労省によるロシア人遺骨、フィリピン人の遺骨の持ち帰りや、
鑑定結果の隠蔽など、杜撰ででたらめな戦没者遺骨の扱いが大きく
報道されました。
遺族の思いを踏みにじる厚労省の対応に強い憤りを覚える中、1月21日に、
近藤議員を介し
ガマフヤーと共催で「戦没者の遺骨に関する厚労省・外務省との意見交換」
を衆院議員会館で開催しました。

今回のテーマは、「遺骨の選別に科学者を入れよ」「遺骨を焼くな」の2点。
太平洋戦争の激戦地タラワ島では4,800人中、朝鮮人戦死者は1,200人。
米軍(DPAA:戦争捕虜行方不明者捜索局)主導で韓国、日本3国で74体の
遺骨を共同鑑定し、「韓国で150片の遺骨を持ち帰って、184名の遺族から
DNA鑑定、安定同位体検査を行い、
韓国人遺族DNAと一致した」と報道がされました。
大切なことはアメリカも韓国も遺骨を法医学者・科学者が扱い、将来の
技術進歩に向けて決して焼骨しないという点です。
4-1要請書を手渡し.JPG

意見交換会は厚労省と外務省の回答に対し、事務局や会場から白熱した
意見のやりとりが行われました。
「沖縄遺骨の鑑定状況説明を。DPAAのような研究組織を作るべき」
に対して厚労省は、134人の申請があり、4月以降にDNAを抽出後、
遺族データと照合作業を行う。
慰霊塔が17基あり実施予定で、鑑定迅速化を方針化している」
「遺骨の選別は事務職員が行う」と回答。
新たな組織については、「調整中」と明確な回答を避けました。
「硫黄島の遺骨は焼骨されたか。遺族は焼骨を望んでいないことを
どう思うか?硫黄島で焼骨された遺骨で韓国朝鮮人ではないという
確認は?」に対して、
「収容遺骨は一万柱で大部分焼骨済み。513の検体が採取。
戦没者数21900中、韓国人が何人いるか把握していない。
日本人でないという蓋然性の高いものは焼かないで、収容は避ける」
と回答。
(モンゴロイドなら焼く)という厚労省に対し、
「厚労委員会で与党からも「焼くのはおかしい」と意見が出ているし、
厚労大臣も安定同位体比検査の有効性を発言しているが、
あなたはどう思っているのか」との質問は
「専門技術チームに委ねたい」とかわしました。
これには沖縄やミャンマーの遺族からも「焼骨はやめてほしい。
するなら全遺族に問うてほしい」との声が上がりました。
「タラワ島の遺骨鑑定での日本人遺族への鑑定の呼びかけ人数と
その結果は?」に対しては、
「DPAAから162検体を受領。2000遺族に案内を送付。300人から
DNA鑑定申請があった。鑑定機関が照合を行う」との回答。

4-2李熙子さん.JPG
李熙子さんから「遺骨を厚労省の専門家でもない職員がゴミの分別みたいに
選別していることに怒りを感じる」と。
朴南順さんから「ブラウン島で父は亡くなりました。父がいなくて勉強も
できなかったので漢字も読めません。
焼骨しないで、私に返してください」と思いを発言しました。

4-3朴南順さん.JPG
朴南順さんの発言後、金英丸さんの「靖国には勝手に名簿を送ったんですね」
との質問に厚労省が「送ったのではなく、照会に対して(回答したまで)」
と言うと会場から「それが送ったということなんだ」と声が上がりました。
戦後、現在に至る厚労省の「先代のやり方を踏襲し正当化する」姿勢を
象徴していました。
厚労省を変えるのはなかなか難しいですが、今後も粘り強く取り組んでいきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント