「国事としての戦争」への「受忍」を強いる7・21判決

「国事としての戦争」への「受忍」を強いる7・21判決 歴史に目を閉じ、原告の訴えに耳をふさいだ東京地裁 7月21日、午後3時から東京地裁103 号法廷でノー! ハプサ訴訟の判決言い渡しが行われました。 遠方からも含め、多数の傍聴者が駆けつけ、傍聴券は抽選となりました。事務局で最大限調整しましたが、 入りきれなかった傍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本、そしてヤスクニ裁判(李煕子)

日本、そしてヤスクニ裁判 李熙子 去る2 0 1 1 年7 月2 1 日、東京地方裁判所民事1 4 部において靖国無断合祀撤廃訴訟の 判決がありました。 裁判長は高橋譲でした。 判決文は、原告の被害が日帝の植民地支配という凄絶な歴史から始まっているという事実を 完全に無視しています。 判決文で、裁判所は、靖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7・21ノー!ハプサ判決一日行動の言葉

7・21ノー!ハプサ判決一日行動の言葉から 記者会見(司法記者クラブ) 大口昭彦弁護士 「提訴から5年半闘ってきた。我々の請求をすべて棄却する非常に不当な判決が出された。 代理人として非常に怒りに耐えない。残念だし、原告の皆さんになんともいいようもない気持ちだ。 内容をざっとみたところナンセンス極まりない。最低最悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『図版で見る侵略神社・靖国』日本語版を発行

『図版で見る侵略神社・靖国』日本語版 (韓国・民族問題研究所・2011年8月11日) 価格1500円 2009年11月韓国ソウルの国会図書館で、 「東アジア平和のための韓日共同企画展-侵略神社・ヤスクニ」 (主催:太平洋戦争被害者補償推進協議会・ヤスクニ反対共同行動韓国委員会、 主管:民族問題研究所、後援:東北ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 2011「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」キャンドル行動のご案内

今年もタイムリーなテーマでキャンドル行動を行います。ぜひご参加ください。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇       3・11後の東アジア~原発とヤスクニが強いる国家と犠牲 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糾弾! 見識ゼロの靖国護持判決

7月21日言い渡されたノー!ハプサ(合祀)東京地裁判決は、 核心部分から目を背けた、勇気のない不当判決でした。 判決要旨 http://www.gun-gun.jp/nohapsatokyochisaihanketsuyoshi.pdf 弁護団の声明 靖国の亡霊に取り憑かれた見識ゼロの靖国護持判決を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

7・21判決行動スケジュール

韓国人遺族・元軍属が靖国神社からの合祀取消を求めた訴訟がいよいよ判決を迎えます。 原告他韓国から10人参加されます。 皆様の傍聴支援をお願いします。 「なぜ、朝鮮人が戦地に動員され、死ななければならなかったのか? 天皇のために死んだ者として戦後も靖国神社に合祀され続けなければ ならないのか?」 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月24日の第19回口頭弁論報告-判決は7月21日

2月24日の第19回口頭弁論で結審- 判決言渡しは7月21日に ノー!ハプサ訴訟一審判決言渡し 7月21日(木)午後3時 東京地裁103号法廷 提訴から4年、19回の弁論を重ねたノー!ハプサ訴訟  靖国神社が国と一体として進めてきた、朝鮮人軍人軍属の合祀の取消しを求めて、 韓国人の遺族10人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

李煕子さんの陳述

陳  述  書 裁判長 活動家でもない私が、 運動家でもない私が、 学識と徳望をそなえた知識人でもない私が、 なぜこの場に立っているのでしょうか。 その理由と答えは簡単です。 私の父を死においやった日本、 23歳という若い青春の無念な死、 李思炫(イ・サヒョン)の娘であるため、たった一人し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第19回口頭弁論は2月24日(木)

第19回口頭弁論は2月24日(木)   原告・証人・代理人・傍聴者全員でやりぬいた証拠調べ! いよいよ最終弁論へ  11月11日第17回口頭弁論と22日の第18回口頭弁論にわたり、 一審の山場である証拠調べが行われました。 しつこい被告側の反対尋問に反撃  第17回口頭弁論はほぼ丸1日の裁判となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第18回口頭弁論(11月22日)報告

第18回口頭弁(11月22日)報告 第18回口頭弁論の一日(辻子 実) 満杯の傍聴者  11月22日に開廷された第18回口頭弁論は、午後1時10分から 傍聴券抽選とのことで、その前に地裁前でビラ撒き情宣を行ないました。 被告側動員傍聴希望者も抽選のために並ぶ場所がオープンして いなかったので、私たちの近くにたむろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第17回口頭弁論(11月11日)報告

第17回口頭弁論(11月11日)報告 11・11証人尋問- 靖国神社・国の姑息な反対尋問に反撃し、証人尋問の成功を勝ち取る!span> (御園生 光治) 靖国神社の侵略性を暴き、韓国人遺族に耐え難い苦痛を与えていることを立証                      朴漢龍(パク・ハニョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月22日(月)証人尋問第2弾 ノー!ハプサ訴訟第18回口頭弁論に参加を!

在日韓国・朝鮮人研究者の視点、映像資料から靖国神社の実相に迫る 証人尋問第2弾! ノー!ハプサ訴訟第18回口頭弁論に参加しよう! 11月22日(月)午後1時半~4時半 東京地裁103号法廷 (午後1時10分に傍聴券抽選がありますので、午後1時までに裁判所 玄関前においでください) 《証人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月11日に韓国の学者証人と原告4名本人の尋問

11月11日に韓国の学者証人尋問と原告4名の本人尋問が一日 かけて行われます。午前のみ午後のみの参加を希望される方も 最大限傍聴に参加していただけるよう傍聴券の調整も行います。 また、報告集会のみの参加でも結構です。ぜひ、皆様のご参加を お願いします。 いよいよ証拠調べ第1弾!みんなで傍聴し、遺族を支えよう! 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノー!ハプサ裁判(証人・原告尋問)等の日程

ノー!ハプサ裁判(証人・原告尋問)日程 第17回口頭弁論 11月11日(木) 午前10時~ 東京地裁103号法廷 第18回口頭弁論  11月22日(月) 午後1時半~ 東京地裁103号法廷 「韓国・朝鮮の遺族とともに―遺骨問題の解決を」 日時:10月7日(木) 午後3時~5時 場所:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第16回口頭弁論報告

みんなで勝ち取った証人尋問! 11月11日は一日中証人調べです!  7月29日、第16回口頭弁論が行われ、原告の李熙子さんが参加。 8月15日の靖国神社の検証申立と人証調べについての審理がそれぞれ行われました。 すでに7月7日の進行協議の時点で11月11日に証人尋問の期日は入っていましたが、 原告側が申請していた日韓の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ最大の山場だ!

いよいよ最大の山場だ! 11月の2回の証人尋問を原告・証人とともに成功させよう! (ノー!ハプサ弁護団 浅野史生) 法廷で8月15日靖国神社他で撮影されたビデオ上映の実現をめざす  9月6日に進行協議が行われた。 原告側は原告の聞き取り書を提出し(正式な甲号証としては追って提出する)、訴訟進行に関する …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第16回口頭弁論報告集会での発言

第16回口頭弁論報告集会での発言 大口昭彦弁護士 今日の法廷で証人二人と原告五人が実現し、さらに映像などによって当方の主張を展開できることになりました。 十分とは言えませんが、正直、ほっとしているところです。  証人としては、民族問題研究所の朴漢龍(パク・ハニョン)先生と、皆さん御存知の徐勝(ソ・スン)さんが 採用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月22日提出 検証申立書(抜粋)

6月22日提出 検証申立書(抜粋) (前略)  普段の靖國神社は境内の広さ等に驚くのは別として、その外見上からは、他の神社とかわらない 「普通の神社」に見える。  しかし、毎年8月15日を頂点としてその前頃から靖國神社境内は異様なムードに包まれる。 例えば、靖國神社に参集した「右翼」といわれる人々の異様な姿がとりわけ目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「韓国併合100年」写真展やりました

大倉山「韓国併合100年」写真展やりました! (伊藤美恵子) エンタシスの柱を通って、ギリシャ風建物・大倉山記念館に入り、せまくなっているギャラリーの入口を過ぎると、 正面に「大倉山・写真で見る『韓国併合』100年の歴史」展の表示。そしてその下には、3日前、 横浜市鶴見区の潮田小学校で開催された「ヨコハマハギハッキョ」か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more